なんとなく元気

なんとなく元気なつもりで・・・

だんだんと、秋

f:id:NCOM:20200914035535j:plain

日の出も遅く

日没も早くなり

朝晩の散歩の景色

空気感が変わってきました。

風も心地よく

虫の鳴き声も涼やかに。

『秋』

なんですね〜

withコロナとは言いながら

季節は巡り

生命の営みは

続いています。

人間社会は?

日本では

次の首相となる人を選んだり

スポーツ観戦やイベントの人数制限も緩和されるようです。

動いてはいるようですが

IT化とかソーシャルディスタンスとか

生きてる世界が狭い感じ。

元々そうなのかも。

人間の科学技術が地球を狭くしたんだよ

f:id:NCOM:20200914035605j:plain

この方も

外の世界を歩くのは

朝晩の散歩の時ぐらいです。

(思いっきり大草原を走ってみたくないかい?)

人間と暮らすということは

狭い社会で生かされるということなのか。

なんか

申し訳ないけど

心地よいこの季節

取り敢えず

秋を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる台風一過

強力な台風10号

なんとか抜けて行ったけど

我が圃場は大丈夫だったろうか?

気になり

県南まで確認に参りました。

f:id:NCOM:20200907183701j:plain

猪鹿除けのネットは無事でした。

ホッと安堵。

新発見!

f:id:NCOM:20200907184203j:plain
ウコンの花が咲いているではありませんか。

初めて見ました。

なんか嬉しいですね。

もちろん

f:id:NCOM:20200907184111j:plain

落花生も元気です。

サツマイモを試しに掘ってみると

f:id:NCOM:20200907184416j:plain

立派に成長してるではありませんか。

今年の秋は期待してもいいのかな?

f:id:NCOM:20200907184706j:plain

ふと

傍の栗に気が付きました。

次回は草刈りついでに

収穫も試みるか。

本当に

人間の欲には

キリというものがありません。

でも

台風の被害がなくてよかった。

ありがたや〜

思わず手を合わせてしまいます。

生産者のこの気持ちは

昔から変わらないのでしょうね。

日曜日、ステイホーム、台風待ち

朝から

頻繁に

県下市町村の避難勧告や警報メールが届きます。

日曜日

f:id:NCOM:20200906161335j:plain

只今自宅待避中。

期待なんてしていないのに

台風待ち。

できればどこかへ行って欲しいくらいです。

大分への最接近は

明日の朝だそうです。

f:id:NCOM:20200906170335j:plain

市役所のゴミ収集もおやすみ。

ただじっとして

立ち去るのを待つばかり。

長いです

ステイホーム。

いっそ

台風一過

コロナも消えてくればいいのですが

ないよね。

疎の世界は続きます。

取り敢えず

我が家が飛ばされない事を

祈るしか・・

あっ

我が圃場の落花生

獣害対策のネットも飛ばされるかも

なんか週明けは忙しくなりそうです。

 

長月、台風の頃

台風がたて続けに発生!

九州地方

9号はなんとかかわせた感じですが

明日、明後日の10号の動きが気になります。

特別警報級の勢力だそうです。

f:id:NCOM:20200905071210j:plain

予報を見ると上陸するかも。

全く本当に

自然活動には鍛えられますね。

酷暑に大雨

そしてコロナVirus?

大昔から

全ての生き物が等しく影響を受けてきたわけですが

人間が独自に行う

経済活動もその影響は大。

先日

コロナによる大型倒産が別府で

f:id:NCOM:20200903052857j:plain

大変です!

人間が築いてきたものとは

なんと脆いのでしょう。

自然の中にあってはままごとのようです。

でも

人間の手で作ったものは

人間の手できっと再生できますよね。

自然に暮らすというのは

環境の変化に

しなやかに対応して生き延びること。

死んでは再生できません。

明日明後日は

死んだ振りして

生命を守る活動に徹した方がよさそうです。

 

 

 

八月も終わりなのね

田ノ浦ビーチにて

f:id:NCOM:20200901084310j:plain

とうとう8月も終了

コロコロと

鳴く虫の声も秋のものに。

今年の

秋の実りはどんなかな?

行く夏に

惜しくもあり

来る秋に

期待もある

そんなセンチな8月の終わりです。

コロナ禍

早く終わって欲しいな。

 

 

『体力の限界』

f:id:NCOM:20200830024837j:plain

                      <大相撲・1991年5月15日掲載>

昭和の名横綱千代の富士

「体力の限界」と引退した。

そして

f:id:NCOM:20200830025921j:plain

総理大臣連続在任期間歴代最長の安倍晋三首相が

持病悪化を理由に任期を残して辞意を表明されました。

病気

まさに体力の限界なのでしょう。

一人横綱で頑張ってこられたが

前回首相辞任に至らしめた

同じ理由、同じ病気。

体力の限界

ということなのでしょう。

先の千代の富士関の場合

新たな横綱となる

若き貴乃花の成長を確認することで

横綱としての限界を自分に言い聞かせた。

角界のために。

次に続く存在は大事なのです。

安倍首相の心境としては

まだまだ若く、悔しい思いもあるかもしれませんが

政治家引退ではありませんので

後輩の育成をはじめ

まだまだやるべきことは多いのではないでしょうか。

大事なことは

日本の政治を止めないこと。

『継続こそが価値』

そのためにも

政治家の皆さんには

健全な心と

丈夫な身体づくり

更には

未来に続く人づくりに

励んでいただきたいと思います。

さて

次の首相は誰になるのかな?

法事の教え

カミさんの両親の3回忌

この日ばかりは

f:id:NCOM:20200823153534j:plain

ちゃんとお行儀よく

お坊さんの説法を聴きました。

今日のお話は

『広い心を持ちましょう』

ということでした。

三つの広い心

ひとつは「手放すこころ」

執着しないこと。

そして「許すこころ」

全てを受け入れるというのでしょうか。

最後に

「感謝のこころ」

なのだそうです。

自分勝手に期待することなく

全ての存在を受け入れて

今あることに感謝する生き方。

結局

あるがまま

自然であるということなのでしょうか。

f:id:NCOM:20200823160257j:plain

放ったらかしの我が圃場

連日の暑さに

皆さんグッタリしているようです。

大丈夫かな?

これも自然。

期待だけでは現実が辛くなります。

確実なもの

絶対のものなんて無いんですよね。

f:id:NCOM:20200823161611j:plain

今、栗の実が大きくなっていても

楽しめるのは食べた時なのです。

今ある

自分の存在と現実を素直に受け入れるべし。

お説教はそれまでに

f:id:NCOM:20200823161328j:plain

お腹が空いた〜

午後からは

身体の求めるままに

別府の人気店で天丼食べちゃいました。

幸せ!

食べた瞬間は満足したのですが

油物は胃に負担あり。

満腹で夕食を食べられませんでした。

食欲も程々にしろってね。

限界を知る

って言われても

自分のような凡人は

過ちを繰り返して

失敗を減らすしかありません。

毎日が修業

いつまでも修業。

執着なく

やりたい事を

やり続けるのみ。

続けられることに感謝です。