なんとなく元気

なんとなく元気なつもりで・・・

台風14号襲来!後片付けとリフレッシュ

先日の台風14号

大分県県南地方は風が強かったようです。

我が圃場に隣接する家屋にも被害あり!

先日は屋根に上って

終日修理三昧。

普段取らない姿勢でトタン板の上で作業したので

フクラハギとか、いろんなとこが・・・

引き攣ります。

この秋の収穫を楽しみにしていた

栗の木も風に折られていました。

自然の仕業

(仕方ないか~)

しか~し

我が黒落花生は、雑草たちに守られて

無事の様子です。

それでは

地中の様子拝見!

ということで、さつま芋の収穫

できました!

台風も地中には手が出なかったか。

今日のところは

このぐらいにしてやろう。

ということで身体を引きずりながら帰途についたのでした。

それにしても

台風の後始末って

敗戦処理のようでホントに疲れます~

(戦後日本は、よくぞ復活したものです)

そして後日

身体を癒すべく

温泉でひとっぷろ浴びようと

西大分へ。

神崎温泉「天海の湯」-天然かけ流し温泉

別府湾は

先日の台風が嘘のように凪いでいました。

露天で温泉、癒されます。

自然はいいな~

だけど台風は困る。

勝手なものですね

にんげんだもの

お天気も晴れて気分もよかったので

港をお散歩して帰りました。

リフレッシュ!!!!!

これも台風の後片付けかな。

お彼岸の頃、敬老の日。

台風14号

大雨や強風の被害を撒き散らしながら

九州を通過して行きました。

「我が家はなんとか無事です。」

SNSで安否確認のメッセージあり

ホッとします。

もう来てほしくもないけど

また来るんでしょうね。

裏庭に白い彼岸花を発見

この時期に姿を見せてくれます。

『暑さ寒さも彼岸まで』

季節が過ぎているのですね。

そして

19日は敬老の日

いろんな幸不幸を繰り返しながら

年老いていくのです。

生きていくとは

そういうことなんですね。

続けることができなくなれば

おしまい。

だから

あえて言おう。

「台風さん、じゃあまたね」

大変なことも

過ぎてしまえば思い出。

おっ、赤い彼岸花

こちらは蕾のようです。

開花が楽しみですね。

白の次は赤?

多様な明日に

心が和みます。

散りゆく花より

蕾に生命を感じます。

可能性の数だけ未来はあるから。

敬老は明日に活かしてこそ。

まだまだ

昔話よりホラ話。

願わくば

ハラハラ、ドキドキ、ホッコリ

繰り返しながら

しぶとく新しい未来をエンジョイしたいものです。

台風怖〜い

窓の外は

一日中雨と風

自然の脅威

台風です。

九州直撃の台風14号

おんせん県にやって来る。

姿の見えない暴れるエネルギー

怖いですね〜

庭は、雨でプールになっています。

最新の気象情報のおかげで

台風の目も見えるし

現在位置、予測進路まで教えてくれます。

でも

ゴーゴーと唸る風音を聴いていると

我が家が飛ばされるのではないかと不安になります。

家のお犬様は

風に向かって吠えてます。

昔の人々や動物たちの不安と恐怖は

計り知れませんね。

なす術なし。

じっと

通り過ぎるのを待つしかありません。

怖い怖い。

自然の脅威は

平穏の有り難さを教えてくれる。

畏れよ人間!

それこそ

自然環境や

気候変動のこと

考えとかなきゃ。

地球人に

明日が必ずあるとは限りませんもの。

 

 

 

旅人の気分で

毎日が同じスピードで過ぎていく

平凡な毎日

繰り返していけば

やがて寿命も尽きそうな・・・

ここ大分って

おんせん県だったよな。

別府もあるし

ちょいと行ってみよう!

最近人気のかまど神社

鬼滅の刃というよりも

サッカーJ2大分トリニータのマスコット

亀の「ニータン」の聖地なのです。

そして

機械水雷

こんな爆弾みたいな物を祀ってありました。

フ〜ン

珍しいけど

現地に行かないと分からないことがあるものです。

今日は勉強になりました。

竈門といえば

別府は温泉を使った地獄蒸しが有名

自然のエネルギーを使った

サステナブルな料理です。

こちらのレストラン

普段はお仕事でお伺いするばかりですが

今日は

無理を言って席を用意していただきました。

ランチですけどね。

テロワール

地域で採れた食材のお話を聞きながら

ゆっくりと食事を愉しむ

旅人の気分を味わえる

素晴らしい時間でした。

シェフ

ありがとうございました。

いつまでも

地域とともにあることを

願っています。

こころもお腹も

満腹,満足!

本当は温泉に浸かって

ゆっくりしようと思ってたのですが

別府を後にして

腹ごなし

田ノ浦ビーチでお散歩して帰りました。

田舎には

身近に自然があり

歴史があり

色もあって

人がいる。

たまには

ご近所を旅してはいかがですか?

旅人の気分で

毎日が同じスピードで過ぎていく

閉塞的な毎日

繰り返していると

やがて寿命も尽きそうな・・・

ふと日常にスパイスが欲しくなります。

ここ大分って

おんせん県だったよな。

別府もあるし

ちょいと行ってみよう!

ということでやって参りました

最近人気のかまど神社

鬼滅の刃というよりも

サッカーJ2大分トリニータのマスコット

亀の「ニータン」の聖地なのです。

そして

機械水雷

こんな爆弾みたいな物を祀ってありました。

フ〜ン

珍しいけど

現地に行かないと分からないことがあるものです。

今日は勉強になりました。

竈門といえば

別府は温泉を使った地獄蒸しが有名

自然のエネルギーを使った

サステナブルな料理です。

こちらのレストラン

普段はお仕事でお伺いするばかりですが

今日は

無理を言って席を用意していただきました。

ランチですけどね。

テロワール

地域で採れた食材のお話を聞きながら

ゆっくりと食事を愉しむ

旅人の気分を味わえる

素晴らしい時間でした。

シェフ

ありがとうございました。

いつまでも

地域とともにあることを

願っています。

こころもお腹も

満腹,満足!

本当は温泉に浸かって

ゆっくりしようと思ってたのですが

別府を後にして

腹ごなし

田ノ浦ビーチでお散歩して帰りました。

田舎には

身近に自然があり

歴史があり

食もあって

人がいる。

小さな再発見

たまには

ご近所を旅してはいかがですか?

仲秋の名月は安らかに月光浴

9月10日は

仲秋の名月なのだそうです。

近所のマンションの上に上った月

拝むことができました。

毎日の生活の中で

月を見上げることなんてあまりありませんね。

スマホ、パソコン、電卓と

うつむき加減に

間近なものに視線を向けている自分には

少し視線を上げて背筋を伸ばしなさい

ということでしょうか。

そうそう

お団子もいただきました。

古来

仲秋の名月って

豊作への願いや感謝のお祭りのような意味も込められていたそうです。

畑の民としては

まず家族の健康、そして無事な収穫をお願いしました。

そして世界平和と地球環境の無事

(って欲張りすぎですかね。)

秋の虫の鳴き声を聞きながら

なんとなく

世の中のことに思いを馳せてみるのもよいかもね。

「戦争」

お月様は領土に関係なく

みんなを照らしてくれるのに

人間は

勝手な線引きで

争う。

人も社会も自然環境も破壊して

地球的にまずいんじゃないの。

世界中が

温室効果ガス排出ゼロ

カーボンニュートラル』とか言っている時代に

戦争してます?

エネルギーの浪費以上に

公害です。

戦争のない

安心して眠れる毎日を望みます。

平和な夜を!

横になって月を愛でる幸せ。

月光浴

束の間でも

静けさに癒されたい。

 

 

 

 

 

繰り返しのエネルギー

早くも9月

ご無沙汰です。

先日までの暑さも

秋の気配です。

大型の台風をなんとか逃れ、

「晴れ→圃場→草刈り」と

相変わらずの放ったらかし農業ですが

めげずに続けています。

ひと月程も見ないと

草ボウボウです。

毎回おなじ風景を見ている気がします。

そんな植物たちの生き様を横目で見ながらの

草刈りです。

この光景

何度も見たような気がします。

繰り返し。

そのままにしてると

きっと原野に返るんだ。

わがまま?

私、自然に抗って生きています。

小さな生き物たちは

どう思っているのでしょう?

迷惑な話ですよね。

でも

やっちゃいます。

にんげんだもの

原野に戻すのは簡単ですが

現状維持の努力無くして

明日の収穫は望めないし

食の不安からは逃れられませんから。

そういう意味では

果樹って有り難い植物ですよね。

ちゃんと明日に実を残してくれる。

そこに在ることが大事なんです。

だから

無理せずコツコツと。

お犬様は

家でのんびりしながら。

ずっと繰り返せることです。

持続可能性?

なんとなく続けられること

やりたいですよね。

今日

カミさんはジャガイモを植えていました。

収穫できたら

ポテトチップス?

肉じゃが?

なんて想像するのも続けるコツですかね。

ささやかな欲も

力になります。